記事の詳細

昨日4月21日はICSの競争力のコースの一部として、3人のゲストをお招きしたForumをしました。For English=> 今、食、人権、気候変動など世界の課題を解決していく上で、政府、民間企業、それにNGOなど市民団体の協働が欠かせなくなっている中、グローバルな課題の解決を図るNGO・市民団体のメンバーである3人の若い日本人をお招きしたものです。

これは私がアカデミーヒルズで年間を通して今進めているグローバル・アジェンダ・セミナーを通して知った3つの組織-Table for Two, Human Rights Watch, World Wildlife Fundーの方々です。特にICSの学生の年齢に近く、民間企業の経験などがある方と考えて3人のゲストに来ていただきました。

午後2時過ぎから、ゲストにそれぞれの組織の活動や課題を説明していただき、その後で学生とのディスカッションをしました。質問は(いつもですが)たくさん出て、時間が足りないほどでした。(後でゲストの方々は「あんなに手がたくさんあがったセッションはなかなかない」といっておられたほどです)

その後、前日に競争力のクラスでワインクラスターのケースをしたので、ワインとチーズのセッションをしました。これにも3人のゲストが参加していただき、学生といろいろ話を続けていただきました。ワインはカリフォルニア、オーストラリア、フランス、イタリア、チリ、ニュージーランドのものを試してみました。(写真はもうすぐポストします)

今まで話に聞いていたとはいえ、各組織の活動や課題をあまり知らなかったし、学生からの質問やコメントは鋭いものがたくさんあり、それに対するゲストの方々の答えがとても興味深く、多くのことを学びました。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る