記事の詳細

10連休も終わり、みなさんは、すっかり仕事や勉強モードに戻っているでしょうか。私の10連休は、講演や原稿の準備、それにグローバルゼミのPRやSINCAの体制作りなどで、ほとんど時間を使いました。(つまりあまり普段と変わらない生活だった!ということです!)またフライトの手配などロジスティックスや、Facebookなどにも書いている鼻の怪我もあり、本当に残念だったのですが、エストニアへの出張を取りやめました。そこで心身ともに少し余裕が出てきたところで、また新たな取り組みなども考えています。(7月に予定しているCoding と英語のセッションのため、Code ChrysalisのJava script sessionにも行ってきました)

当初の予定と違って、私自身がエストニアにいくことはできなかったのですが、31日のSINCAセッションでは、お知らせしているようにエストニア大使の特別補佐官の須原さんと、連休中にエストニアにいっていた(そして季節はずれの雪!にもめげず、起業家のことをいろいろ見てこられた)100BANCHのコミュニティマネジャーの加藤翼さんに、私がいろいろ質問する、というスタイルで、エストニア・スタートアップ事情を伺いたいと思っています。For English=>

デジタル・ガバメント、スカイプなどのスタートアップ・エコシステム、そしてブロックチェーンをはじめIT関連を国レベルで推進してきたエストニアからは、学べることがたくさんあると思います。ぜひこの機会にたくさんの質問、そしてディスカッションをしたいと思います。

エストニア事情とともに、今プレゼンテーションの猛練習をしている100BANCHのプロジェクトInocaについても、ブレーンストーミングをします。ここ数日、世界レベルでのBiodiversityが危機的状況であることが盛んに報道されていますが、この課題はInocaにも大きく関連します。Inocaは魚に関心のある方、また魚のことをあまり知らないけど、海洋でどんなことが起こっているのか、などを知りたい方のためのスタートアップで、100BANCHの2階には水槽もあって、Inocaが育てている(といって良いのかわからないのですが)魚を実際に見ることもできます。この機会に、今後気候変動とともに重要な課題となりそうなBiodiversityなどにつぃても考えてみませんか。詳細はこちらから、登録はこちらです。多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る