記事の詳細

いろいろなプロジェクトが始まる真っ只中なので、かなり錯綜しています。そのせいか、首のあちこちがかなり痛かったのですが、今日整体にいったので、少しは改善されるのではないか、と期待しています。

そんな中、Apple WatchのActivity Ringは毎日必ず目標達成するようにと、夜遅くなって不足している活動があると、必死でやることがあります。エクササイズは、日課のワークアウトですぐ達成してしまうのですが、一番の難関がアクティビティです。スタンドもほとんど苦労しないのですが、アクティビティは意外に伸びていないことがあり、夜遅くなってから、焦ってすることがあります。

毎日1万歩以上歩くのは以前からやっているし、運動は日課なのですが、このアクティビティは何をさすのかまだ?です。朝一番にする日課の運動の最後に合気道の受け身の練習をするのですが、そうすると必ずApple Watchのスクリーンに「転んだみたいですが、大丈夫ですか』というメッセージがあらわれます。大丈夫です。転んでいませんと答えています。(でも合気道のクラスではApple watchは外してやりますが。。。)

プロジェクトが錯綜したり、いろいろ予想通りにいかないことがある時、私にとって一番効果的なのは、やはり運動です。外へ行く用事がない日などは早足の散歩(というよりその辺を歩き回るという感じ)をすることがあります。以前ビジネスパーソンが考え事をするのに散歩が良いと聞いたことがあるので、最近はそれを試すこともあります。以前近くの公園をジョギングしていた時は、走りながら一日の予定を考えていたのですが、最近はトレッドミルとクロストレックをする時に英語のPodcastを聞くことにしているので、予定はリストをざっと朝つくり、それで終わり!という感じです。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る