記事の詳細

昨晩の渋谷100BANCHでのSINCA Vol 9では、幻のDestinationとなってしまったエストニアを紹介しました。For English=>  大使特別補佐官の須原さんのビジュアルとデータを駆使したプレゼンテーションに続き、私が参加していくつか質問。それから参加者のみなさんからの質問を受けました。意外なことにエストニアにいったことがある人が2−3人でしたが、歴史的背景、どう弱み(一見)を工夫することによって「強み」にしてきたか、などとても興味深いお話でした。その後グループでエストニアをプロモートするには、また日本で参考にするとしたら、どこで、どんな分野で、エストニアのすぐれた点を活用するか、について議論していただきました。なかなか面白い意見が出たので、これからエストニアを考える上で参考にできると思いました。そのあとアクアリストと科学者、そして一般の人たちが集まれる場をビジョンとするInocaのプレゼンテーション。当初考えていたわけではないのですが、奇しくもエストニアとアクアリアムの話が繋がって、とてもエキサイティングでした。

今朝は朝月曜日が締切の原稿を何とかまとめ、午後からはじまるグローバルゼミ第1回へ。For English=>   そのためのスライドを作り、全体の構成を考えていたら、時間ギリギリになってしまいました。しかしテーマのせいか、参加者のみなさんはかなりリラックスした様子(実はそうではないかもしれませんが)でグループ活動、全体での議論、それから簡単なゲームをしました。こうしたシリーズは最初が肝心なので、何とかスムーズに立ち上がってほっとしています。グローバルゼミのグループ写真は私のiPhoneでとらなかったので、また手に入り次第ポストします!

今週は、時間に追われつつ根を詰めてやっていたので無事終わってよかったです。その後中華料理店で懇親会。多くのみなさんとお話することができました。解放されてビールものみ、おいしいたくさんの中華料理を食べ、自宅に帰ってきました。明日は合気道です!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る