記事の詳細

本日6月2日、父を私のマンションによんで、夕食を一緒にしました。For English=> 

ずっと同じところにいるよりは、週に1度くらいは外出したほうが良いと思って、毎週末よんでいたのですが、1月末?あたりにインフルエンザになってしまい、寒かったこともあり、ずっと外出をしなかったのです。そこで、ほぼ毎週末私が父のシニアレジデンスに行っていました。やはり足が弱くなってきたり、あまり話さなくなっていたので、何となく心配していたのですが、6月は父の日もあるし、できたら、また私のところでいとこや友人をよんで’(左の写真は昨年の父の日、ちょうどニューヨークから私のstepsonとその娘が来た次の日えした!)、ランチをしたいと思い、ケアの方に聞いてみました。

そして以前のようにタクシーを手配していただき、運転手に住所を知らせ、私のマンションのフロントにも頼んでおいて、よんでみました。かなり足が弱っているので、立つのが大変なのですが、マンションの玄関まで迎えに行き、車椅子で私のユニットまで連れて来ることができました。以前よりあまり話はしないのですが、食事はかなりよく食べました。食後のコーヒー、先日上智でいただいたクッキーを食べ、お土産にもあげて、1時間半ほどいて、先ほど帰りました。昔はとても歩くのがはやいので皆ついていけなかった父ですが、足が弱っています。でもできる限りは、気分を変えるために、来てもらいたいと思っています。(私も久しぶりだったので、段取りを忘れてしまい、かなり焦って料理をしましたが。。)

いつも一緒に写真を撮るので、今日も二人で撮りました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る