記事の詳細

先週金曜日31日に開いたSINCA起業家セッションでは、エストニアの興味深いお話やaquaristを組織化しようとしている100BANCHのInocaを紹介、その両方について、いろいろなアイデアを考えていただきました。(アイキャッチ画像はその時のものです) 速報とfacebookでの写真多数はすでにポストされています。For English=>  (セッションと須原さんとのインタビューのビデオは編集出来次第ポストします1)写真だけで、i Movieで作ろうと思っていたのですが、アンケートその他に忙殺されて今のところギブアップしています!

100BANCHという場所がcozyでcasual,な場所であること、若い、初めてのメンバーが多かったことなどから、いつもとは少し違った雰囲気のエキサイティングなセッションになりました。(一方、誰もわかる人、できる人がいないためーというかできる人あh忙しくて時間がとれないーため、今回から私がpeatixをセットしたり、アンケートを作成したりしているため、ドタバタしているのが参加なさった方にはご迷惑をおかけしてしまっています。実践を繰り返す中で、いろいろ学んでいるので、申し訳ありませんが、しばらくご了承ください。またそれなら私ができる、という方はいつでもお知らせください。ただし、スピード感が必要なので、いつも急いでいるーWe needed it yesterday!という感じはありますが。。,

次回 のSINCA Voll 10は、全く違った感じで、6月28ー29日に大阪で開かれるG20,をめぐる話題、そして先日かなりのニュースになった(と思っていたら、トランプ大統領の対メキシコの予想外の関税の発表や、英国訪問などにあっという間に日本での出来事は忘れられてしまったようですが)トランプ大統領の訪日、そしてそれが日米貿易交渉にどんな影響があるか、などを考え、議論するセッションを企画しています。エキスパート・セッションと名付け、笹川平和財団の渡部恒雄さん、そしてロイターで外交、防衛などを専門としておられるTim Kellyさんをお招きして、大いにみなさんと議論していただこうと考えています。G20をはじめとするイベントや場所の都合から、25日火曜日のセッションとなります。場所は最近よく使う虎ノ門琴平タワーの3階会議室です。便利で近いので、職場が近い方も多いのではないでしょうか。

エキスパート・セッション、G20といってもむずかしい話をするわけではなく、グローバル化がどんどん進み、世界がひとつになるか?と思われていた傾向に対して、ナショナリズムや自国中心に政策を考える動きをどう思うか、米中は貿易だけでなく、テクノロジーの分野でも覇権を争っているが、どう対応したら良いか、どちらかを選ぶとどうなるか、などをざっくばらんに考えてみたいと思います。 この際、いろいろ聞きたかったこと、いいたかったことをまとめて持ってきてください。また英国での状況などを見ると、米中だけではないなあ、とも思いますので、そのあたりも広く考えたいと思います。

イベントはすでに立てられていますし、登録も始まっています。こちらからどうぞ。For English=> 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る