記事の詳細

先週土曜日からグローバルゼミ(GAS)2019は、Working Across Differencesというテーマではじまりました。For English=>  昨年のグローバルゼミのテーマはLearning by Doingで、毎回参加者のみなさん全員に短いスピーチをしていただきました。スピーチやプレゼンテーションはいくらテキストを読んでも力があまりつかないので、実践が絶対に必要です。最近はYoutubeでいろいろ新しいことを学ぶ人が多いと聞いていますが、それでもアウトプットは自分でやってみることが大切です。 プログラミングやITがらみのスキルもみな同じようで、何しろ自分でやってみないといつまでたっても身につかないようです。(昨年はプログラミングを学んでいたので、毎週のように課題に追われて慢性的な睡眠不足でした)

最近も以前手伝ってくれた人が忙しくなってしまい、結局できないことがわかったし、時間がある人はスキルがないことがはっきりしたので、結局自分でやることがかなり増えてきました. このところいろいろなイベントなどで時間がなかなかとれず十分更新ややりたいことができていないのですが、SINCAのウェブサイトも私がやっていますし、最近はSINCAのイベントのpeatixも自分でやることになってしまいました。自分でするので、頼んだ人がなかなかやってくれない、という悩み(これがものすごーいストレスでした!)はなくなったのですが、初めてのことなので、あちこち調べたり周囲の人に教えてもらったりしながら、やっています。Peatixはだいぶ様子がわかったのですが、イベントのあとのアンケート作成と参加者リストの確認、送付が結構大変でした。いろいろやってみたのですが、なかなかうまくいかないことが続き、あちこち調べたりしてやっと多分やり方がわかってきたようです。

結局自分で実践してみないとわからない、またかなりの頻度で使わないとすぐ忘れてしまう、というのが教訓です。新しいことをやろうとしない、ちょっとうまくいかないとやめてしまう、実践をなんども繰り返す、そして継続しながらよりスキルを磨いていく、という姿勢がないと、これからどんどん新しいスキルや分野が増えて来る中ではやっていけない、と実感しました。(といっているうちに慢性睡眠不足になりつつあるので、どこかでリカバーする必要がありますが。。。)要するに Learning by Doing!ということです。どんなスキルでもどんな分野でもこのコツを得られた人はlifelong learning,そしていつまででも楽しく、充実した生活が遅れると思います。(と自分を励ましているともいえますが。。。)落合さんのゼロ100の表紙(アイキャッチ画像)を見ると、頑張らなきゃ!と思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る