最近、頭を悩ませているのは、Depth(深さ)とBreadth(広がり)をどうバランスするか、という点です。Depthというのはたとえば自分の専門とする分野について、専門知識や情報をある程度蓄積しており、自分なりの意見や見解を持つことです。また、自分の専門分野(たとえば私の場合は、事業戦略や競争力です)につぃて、新しい企業、新しい戦略、競争力をどんな項目で考えるか、など、どんどん更新されていく知識や情報を持っていることです。特に情報技術や科学の進歩によって、業界はもちろん、事業戦略や競争力への考え方も大きく影響される今の時代、エンジニアでないとしても、常にその意味合いについて理解し、自分なりの意見や見解を持っていなくてはなりません。これだけ競争や市場がグローバルに広がっており、変化が急激で、イノベーションが刻々とそして世界のあらゆる所で起こる時代の中では、ボーっとしているとすぐ自分の知識や情報が古くなってしまいます。

Depthに加えて、いろいろな情報が誰でも検索ができる今の時代には、広い視座を持つこと、つまりBreadthを持つことも不可欠です。私の場合、経営戦略やその周辺だけでなく、デザインから音楽や演劇も含めたアート、現在だけでなく歴史から学ぶ、さらには将棋やスポーツなどからも戦略について学べる点は沢山あります。そしてこうした分野に触れるとその魅力に心を奪われてしまうことがあります。(特に私の場合、子供が新しいおもちゃや遊ぶものを見つけたように、新しい世界が広がっていくという感じは魔法のような力を持ってしまいます!)

そうなると刻々と変わっていく世界を深く考えるとともに、どんどん広がっていく世界にも引っ張られるという状況が生まれます。しかし一日は24時間しかありませんし、できることには限界があるので、常にストレッチされた状態になってしまいます。このバランスが何とかとれている間は良いのですが、時々、DepthもBreadthも中途半端という感じが強くなって、常に何か足りない、力不足という感じがして、心ばかり焦ることがあります。

最近自分ではバランスがとれない状況が続いているように感じます。もっとやりたいこと、やるべきことがわかっている中で、どう解決していくか、永遠の課題ですが、毎日少しずつでも進んでいく、決してあきらめないことを心に決めています。(一日忙しいと疲れ果ててしまい、夜はくじけそうになっても、朝になるとまた新しい一日が始まるので、元気を取り戻します。)