記事の詳細

今日7月11日に、Japan TimesのOpinionに私のコラムが掲載されました。For English=> 今回はいろいろなイベントに続き、海外出張などがあって、なかなかメッセージのアイデアがまとまらず、かなり苦労して、最近私が興味を持っているイスラエル、トルコの選挙の状況、G20の話など断片的な話をなんとかつなげて(と思ったのは私だけ!)最初のドラフトを締切の7月1日に編集の方に送りました。まずいかなあ、と思いながら、待っていたところ、案の定、いろいろなテーマが踏み込み不足で並んでいる、というようなコメントをいただきました。(無理やりメッセージを作ろうとしたので、もっともなコメントなのです) この頃の状況は、昨日このブログにポストした6月25日のSINCA expert sessionのビデオを見ていただくと、私がこうしたことに関心を持っていたことがよくわかると思います。

そこで、ゼロから書き直して、自分に近い話題で最近いろいろ事件も起こっている「年齢」について書くことにしました。それが今回の、”Can we achieve an age-free socity?”なのです。東京を出る直前に新しい原稿ドラフトを送り、どうかなあ、と心配しながら待っていました。週末の後、待つことほぼ2日、編集を少ししていただいただけで、大筋のストーリーは変わらず、掲載していただきました。(本当にほっとしたというのが正直なところです)

ここにも出ていますが、私は団塊の世代でラッキー7の大台にものっているので、年齢でなく、どんな関心と姿勢を持ち続けるか、に自分でも挑戦しよう。例年のようにカナダにきているので、この時間を有意義なものにして、年齢に関係なく常に新しいことにチャレンジしようと考えています。(昨年の夏は、カナダでもプログラミングのオンラインコースをやっていたので、常に課題に追われていて、あまり他のことを覚えていないのです!)

記事はこちらです。昨日は天気がよかったので、今借りているシャレーで写真をとりました。(自分でも元気を出すために!)今日は雨で寒く、気温は15度位です!明日は良い天気を期待しています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る