記事の詳細

お待たせしていましたが、6月25日にひらいたSINCA Expert sessionの最後のビデオをポストします。For English=> ここではその日に報道されたトランプ大統領の日米安全保障条約をやめたい、というコメントが話題になりました。確か、その日のニュースだったので、日本のメディアにも報道されていて、これが本当なのか、どこがこのニュースをつかんだのか、などが取りざたされていました。たまたまゲストのお一人のTim Kellyさんがそのあたりのことを調べておられ、3つくらい別々のソースからトランプ大統領が実際に話したこと、菅官房長官の談話、またこのコメントは日米貿易交渉を有利に進めるためのひとつの策略か?、などの話も出ました。もう一人のゲストである渡部さんは、トランプ大統領の言動のパターンについてコメントされています。(なかなか興味深かったので、ぜひビデオをご覧ください!)

また参加者のみなさんが小グループにわかれて議論したテーマ 1)これだけ世界が変化する中で、G20サミットはまだ意味があるか、2)安倍総理になにを期待しているか、についてのグループからのレポートバックも含まれています。2週間強前のセッションでしたが、その後、現職の米国大統領の初めての北朝鮮入り、またここ数日の英国の駐米大使のコメントのリークから発展した大使の辞任など、いろいろなことが起こるので、G20サミットはほとんど忘れられているかもしれません。でも、今から見てみると、なかなか興味深い点もあると思います。同時に、いかに世界の外交交渉がこれまでと違ったものになりつつあるか、など考える材料になりそうです。 ビデオはこちらからどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る