記事の詳細

大変お待たせいたしましたが、7月26日にCode Chrysalistで開いたSINCA Coding X Englishのビデオが編集できました。 For English=>  それぞれ10分程度の4部からなっているので、このブログでは最初の2つをご紹介します。Part 1は約8分、まず私がセッション全体の説明をしてから、インストラクターのYan Fanさん、そしてCode Chrysalisのチームを紹介しています。そこからは、YanがCode Chrysalistはどんな組織なのか、ミッションやプログラムを紹介して、ご自分の経歴、なぜCodingをしようと思ったのか、などを説明しています。(とてもおもしろいです)

それから、Codingだけではなく、コミュニケーションや協働作業の重要性などをご自分の経歴と合わせて説明し、ペアで作業をすることを紹介しています。Yanは、わかりやすい英語で丁寧に説明しているので、どなたでもこのビデオをごらんいただければ、主なポイントが理解できると思います。セッションに参加された方もできなかった方もこれを見ていただくとても参考になると思います。

Part 2で(約10分)は早速ペアで仕事をする実践〜折り紙を使ったエキササイズをやっています。ここでも参加者にいろいろ質問したり、フィードバックをもらったりしながら進めています。このあたりはセッションの進め方として、私にもとても参考になりました。ぜひご覧ください!


Part 3 とPart 4は明日にでもポストします。またSINCAのウェブサイトからもご覧いただけます。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る