記事の詳細

先日もお知らせしている9月20日に予定しているSINCA vol. 12にお招きする作曲家、プロデューサーの藤倉大さんがプロデュースするボンクリフェスティバル2019. Tweetをみているとすでに満席になっているセッションもあるようです。世界から「新しい音を」というこのイベント、私は3年前からサポートしていますが(といってもPRをしたり、自分でもいったりしているくらいですが)、だんだんこうした新しい試みが浸透してきて、プログラムの中には、すでに満席のものも出てきているようです。

ボンクリとは何か、だけでなく、もう少し広く、私たちが本来もっているクリエィティビティをどう解放するか、などについて、常に新しい試みをしている大さんに話を聞くのが9月20日金曜日夜六本木ヒルズ20階のPivotalで開かれるSINCA-Expert/topic セッションです。

創造力を解放したところで、すかさず!参加者のみなさんに、もっと多くの人にこうした新しい音楽やアートに触れてもらうか、知ってもらうか、のアイデアを考えていただきます。イベントはこちら、登録はこちらからできます。ぜひお越しください。(28日に東京芸術劇場で開かれるボンクリは、自由に参加できるセッションもありますので、ご家族でもどうぞ!また新しい?試みとして大人のボンクリー左の写真も企画されています!)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る