記事の詳細

 本日(9月1)午後日本橋にある到然館で、TEDxTokyoの10周年同窓会が開かれました。For English=> これまでのスピーカーやボランティアなどが集まり、スピーカー数人、そしてこれまではプロダクション・運営を担当していたスタッフから、TEDxTokyoで話をした後?どんな活動をしているか、今情熱を傾けていることは何かなどについて、いくつかのトーク、そしてビデオやライブの演奏などがあり、間の時間にいろいろな方々とお話しました。

TEDxTokyo関係で、知っている人が多かったのですが、初めての方とも何人かお目にかかり、いろいろ話をすることができました。いろいろな方にあったのももちろんですが、私にとって一番印象的だったのは、この数日(というか数週間?)ブラジルでした経験、SIngularity U Summitで聞いた・見た話、先週下見にいって話したこと、グローバルゼミなどでいろいろ考えていたことが、かなりスピーカーの話の中に出てきたことです。最近の経験から、疑問に思っていたこと、こういうこともできるのではないか、と考えていたことなどが次から次へと登場した感じで、何となく安心してしまいました。かなり先の将来の話や、海外にいると特に感じる世界のいろいろな課題などです。(日本のテレビなどを見ていると、別世界の出来事のような気がすることも多かったので)

こういうグループ、コミュニティにいるとパースペクティブが違うと実感しました。テクノロジーの現在の状況(良い点、課題両方とも)、個人ができることはなにか、など,考えていることも近かったし、また考えてもいなかったアイデアも聞くことができたので。

私がトークをした時に一緒だった方々も数人おられて、久しぶりにあえて、それもみなさん元気そうなので、うれしい気持ちでした。以前あった時は中学生だったRioが大学生になっていて、一緒に写真をとりました。最後にあったRioの相変わらず素晴らしいウクレレも圧巻でした

魔の4日目を終え、明日締切の原稿も何とか書いたので、元気を出して(まだだるいという感じはあったので、一瞬考えたのですが)行って本当によかったです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る