記事の詳細

今年も夏カナダにいっていたのですが、一昨年くらいから、カナダでのライフスタイルがかなり日本と違う(というより、いろいろ珍しいことがある)ことにとても関心をもって、カナダでできることをやっています。For English=> 食に関してもグルテンフリーや最近では肉食をしないという動きがとても盛んで、今年はBeyond beefという植物ベースのハンバーガーをスーパーでみつけ(それ以外にファミリーレストランでも全店でメニューにあります)バーベキューグリルで焼いて食べました。(左の写真)またプラスチックをやめようということで、スターバックスでもアイスドリンク(アイスラテなど、クリームがないもの)は、ストローが必要ないふたになっています。日本ではまだストローを使っているようです。

また食以外にも、リユース(再利用?)が盛んで、リユースセンターがあります。以前は自分がいらなくなるものを一度持っていったことがあるのですが、ここ2年ほどは必ず何があるのか、見にいくことにしています。昨年は黒のジャケット、黒のバッグ、それから薄いグリーンのポロシャツを買いました。今年ももちろんいってみたのですが、最初にいった時には、黒のGapのジャケットとジーンズを買いました。(試着室があるので、サイズを確認できますし、サイズが合えばとても良いです) 日本に帰る直前にももう一度行ってみようと思って行ったところ、白黒のジャケットで私にぴったりのサイズが見つかりました。

昨年買った黒のジャケット(これは大変愛用していて、よくセミナーなどにも着ています)、ポロシャツももちろん着ていますし、黒のバッグは時々つかうというところです。今年買った黒のジャケットは秋になったらよく着ることになると思いますし、ジーンズはカナダにいた時からしょっちゅう着ています。最後に買ったジャケットもとても気に入っています。価格は一部忘れてしまったのですが、黒のジャケットは両方とも1ドル(入り口のところに1ドルのラックがあり、それで両方とも見つけたのです)ジーンズは4ドル、ポロシャツは2ドルくらい、黒のバッグは4ドルくらいだったと記憶しています。最後に買ったジャケットは8ドルでした。いずれもカナダドルなので、1ドル80円弱です。

日本にもあるのかな、と思って帰ってきたら、先日あったTEDxTokyoの10周年同窓会で、このテーマのトークを聞きました。シェアエコノミーが最近どんどん出てきていますが、まだ日本ではあまりないみたい(最近はNPOに自分の衣料などを寄付?することはできるよう)です。私はカナダではとても愛用しています。写真を見ていただけるとわかると思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る