記事の詳細

7月27日に六本木アカデミーヒルズで開かれたグローバルゼミ(GAS)2019の第3回のレポートがポストされました。 For English=> (8月末にポストされたようですが、いろいろなイベントがあったので、お知らせするのが今になってしまいました)。このセミナーシリーズも予定の半分を過ぎ、テーマの「価値観の違う人とどう協働するか」について、かなり難しい状況を考えるところにさしかかりました。第3回では事前に指定していた図書「敵とのコラボレーション」を読んで、自分が「敵」と思う人にたいして、何かアクションをとる。そしてその経験から学んだことをまとめる、という課題が出ていました。事前図書は政府、NPOなどいろいろな組織が関与する外交や政治的な交渉の場での話が多数出てきたので、読むのもなかなか難しく、それを自分の状況にあてはめて何らかの「アクション」をする、というのはさらに難しい課題でした。(私も同じように「敵」と思われる人ー最近全くコンタクトがなくなるほどかなり厳しい状況になっていたーを考えて、働きかけたのですが、結局相手から何も返事がなくうまくいきませんでした。)そこで、参加者のみなさんはどんな状況で何をしたのだろうか、ととても興味をもって、1枚にまとめたスライドを前もってレビューし、いろいろ考えを巡らせていました。私自身も参加者の発表(数人にお願いしました)からいろいろ考えることがありました。

とここまでが前半。後半は教育コンテンツのこ国際コンクール、NHKの日本賞の事務局長田中瑞人さん(左の写真)をお招きして、賞をとった番組のビデオ(前もって選んでおき、一部)を参加者とみて、ディスカッションをしました。SNSの?とも思われる使い方、差別を実際に子供に体験させる実験、などかなりヘビーなビデオを見て、小グループでディスカッションしました。そのあたりがレポートにまとめられています。

前半後半ともに、今回はいろいろ考えさせられる機会だった、と思いました。今、世界中で一時はかなり解消したのではないか、と思われていた、人種、国籍、宗教などによる差別があちこちで見られるようになってきたこと、同時にテクノロジーが私たちの思考や行動を超えそうだ、というタイミングからも、難しくはありますが、トピカルなテーマ・課題だったと思いました。レポートはこちらからどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 9月 05日
    トラックバック:GAS 2019 #3 on July 27 – SINCA
  2. 2019年 9月 05日
    トラックバック:GAS 2019 #3 on July 27 – SINCA

アーカイブ

ページ上部へ戻る