今日5月15日は、未来館で開かれたTEDxTokyoに行ってきました。 For English=> とても楽しみにしていたイベントだったのですが、期待をずっと上回る、とてもエキサイティングな一日でした。

TEDについては以前からウェブサイトを見たりしてすごいなあ!と思っていたし、TEDxTokyoというイベントがあることを昨年知って、行きたいなあと思っていたので、念願がかない、今年は参加させていただいて、とてもハッピーでした。ここの所、海外出張や仕事がたてこんでいたのですが、何としても今日は行こうと思っていました。

未来館が思っていた以上に遠かった(というかちゃんと時間を考えていなかった)ため、9時の開始(本当は8時半頃から行こうと思っていたのです!)に少し遅れて行きましたが、天気は最高!でしたし、未来館の環境はすばらしいので、まぶしい日の中を歩いて行きました。

セッションはいずれもとてもすばらしくて、特にJake ShimabukuroのUkuleleには感動してしまいました。Jakeは自然体で話も何となく温かみがあり、音楽はすばらしく、圧倒されました。特に2曲目のGeorge Harrison作曲の曲(名前を忘れてしまいました)は圧巻でした。

私にとっては、初めて講演を聞いた方々(たとえば、外山健太郎さん、山海嘉之さん、村山斉さん)の今まで知らなかった分野のお話がとても興味深く、いずれもプレゼンテーションのすばらしいことにはとても感心してしまいました。

土井香苗さん、茂木健一郎さん、奥山清行さんは以前から存じ上げているので、またすばらしいお話が聞けてとてもうれしかったし、後のレセプションでも最近の状況をちょっと話すことができてとてもうれしく思いました。TED2010のビデオも考えさせられることが多く、またバイオリンと般若心経、紙切り、能なども最近、日本のアートに私は最近関心があることから、とても心を惹かれました。 セッションはいずれもとても良く企画されており、テンポも良くて、すばらしいものでした。

ブレーク、ランチ、そして、終わった後のレセプションでは多数の方々とお目にかかることができました。たとえば、久しぶりにお目にかかった未来館の毛利衛さん、伊藤穣一さん、日経をはじめとするメディアの方々、佐々木かをりさん、主催者側?の田坂広志、藤沢久美さん、黒川清さん、William Saitoさんなどでした。またお名前を存じ上げていて、一度お目にかかりたいなあと思っていたソニーコンピューターサイエンス研究所の所さんと国際組織におつとめのMrs.所、名刺が6枚?ある須賀等さん、以前確かにお目にかかった?能の梅若猶彦さんと奥様ともお話できて、とてもハッピーでした。(写真はレセプションがあった会場からの夜景)

OrganizerのTodd, Patrick、それから多くのボランティアの苦労は大変なものだったと思いますが、とてもすばらしく、心躍るイベントでした。何度も、What is your dream?  What are you going to DO to make it happen?  Follow your heart.というメッセージを聞いたのがとても印象に残っています。自分の人生だから、やはり本当にやりたいことを忘れず、それを追い求めたいと確信を持ちました。若い方々にも沢山あうことができて、いろいろ話ができました。 こんなにすばらしいイベントに参加できて、とてもInspiringなすばらしい一日でした。