記事の詳細

テルアビブ2日目はまず午前中に軍隊の経験が長く、その後起業した方にいろいろな話を伺いました。軍隊での経験がどれだけ大きな意義を持っているか、はこれまでも聞いたことがありましたが、とても優秀な人が、レバノンとの戦いが起こる中、(このあたりはちょっと定かではないのですが)、どんどん必要に迫られて形で、20代はじめの時期に軍の指揮をする責任を与えられ、砲弾が飛び交う戦場での経験を積み、その後もすごいスピードで昇進していったこと、18歳くらいの時から軍隊でDisciplineを学び、それをすぐ実践しなくてはならない状況に置かれるというのはどういうことだろう、と、全くそうした経験がない私には想像を超えるものでした。

その後障害をもつ人のためのテクノロジーを開発して起業した経験を伺いましたが、何度もでてきたのは、どんな「価値」を誰に提供するのか、ということでした。国を守るために戦うのも価値だし、障害がある人がより良い生活をできるためにテクノロジーを開発して提供するのも価値ですし、そのあたりが話を伺っているととても説得力があり、パッションが感じられるのです。同時に起業には始める時もそれを継続する時もいろいろなリスクや危機が襲ってくるので、それを自分の生活とどう両立するか、できるのか、など、考えさせられることが多いミーティングでした。

その後、Startup Nation Centralというイスラエルのテクノロジーのデータやなどをベースにいろいろな国とイスラエルのテクノロジーを結びつける組織の担当の方とランチを食べながら、世界各国がイスラエルのテクノロジーに関心を持つ中での日本の位置づけなどを伺いました。実際に日本のことをよくご存知なので、なるほどというアイデアにも触れることができました。その後、少し時間があり、あまりに良い天気だったので、海外や高台にあるユダヤ教会を見たり、マーケットを歩き回りました。

夜は今回ご一緒した日本企業の関心あるテーマを中心にご自分でも起業し、また若い人に投資をしているシリアルアントレプレナーの方(もと?学者)、その投資先、家族などと夕食をご一緒していろいろな話をしました。これはランチをご一緒したStartup Nation Central?の方がアレンジしてくださったものです。興味深い話が次から次へと出て、いくら時間があっても足りないという感じでした。2日目も有意義な一日。その後ホテルに帰り、寝たのですが、東京で開かれている取締役会とその事前ミーティングに電話で出席するため、午前2時過ぎから起きています。ひとつは終わったのですが、予定よりずっと時間がかかった為、次の電話会議までまた寝るのをやめて、ブログを書いています!今日木曜日はテルアビブで多数のミーテイングが予定されています。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る