記事の詳細

本日11月24日東京国際フォーラムで開かれた高橋真梨子コンサートにいってきました。For English=>  今年のツアーはこれが最後。(全部で37?回やったそうです)毎年いっているのですが、今年も確か7月に行き、2回目です。昨年までは3回!行っていたのですが、今年は国際フォーラム第1回がはやい時期だったので(だいたいツアーの早い時期と後半に行くのです。そうするとどれだけステージなどが進化したかがよくわかるので)2回にしたのだと思います。(2回目だったのですが、あまり覚えていないシーンもありました)

今回は前から6列目の中央だったので、これまでで一番良い席だったと思います。低音の迫力が全然違いました! いつもはスクリーンを見ているのですが、今回はステージが近いのでリアルな感じ。先回も感じましたが、ステージはそれほど凝っていないのですが、証明の使い方などが素晴らしいと思います。近かったので、体に感じられるベースやギター、フルートの音が素晴らしかった!

今回は前半が落ち着いた曲?(あまり聞いていないものもあった)、後半がアップテンポのもので、後半は特にとてもエキサイティングでした。前半後半をメリハリつけて違う感じにするのも良いなあ、と感じました。特に後半最初の「オレンジ」と「ハッピーーエンドは金庫の中」はとても好きな曲なので、すっかり乗ってしまいました。それにしても2時間ぶっつけだからやっている時はアドレナリンが出て興奮しているでしょうけど、終わったらかなり疲れただろうなあ、と思いました。(特に私は年齢が近いので。)やはり生演奏がいいなあ、と再認識。もっといろいろ簡単に聞ける場所に行きたいなあ、と。とても気分転換になりましたし、

ふといつも観客が「のる」「グランパ」の時に後ろを振り返ってみたら、5000人が立ち上がって踊って!いました。さすが壮観。。。エネルギーももらって、明日からまた頑張ろう!という感じ。。。

 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る