記事の詳細

先週だったと思いますが、Harvard Business Schoolの教授でDiscontinuous Innovation の理論で有名なClay Christensenが亡くなったことを知りました。For English=>  Discontinous Innovationという考え方はイノベーションが話題になり始めた頃?とても説得力のある考え方で、私もいろいろな場合に使いました。そして2015年にNECのフォーラムでChristensen教授が基調講演、その後のパネルに私が参加した時に、初めて直接あって、あまりに背が高いのにびっくりしたことを覚えています。その当時かあ健康を損なっていて、息子さんが一緒に来ていたようでした。講演とパネルは具合がわるいことを少しも感じさせないようなものでしたし、その時に初めて、どんな「Job」をするのか、という観点をマクドナルドのMilk Shakeを用いて話されたのがとても印象に残っています。人生のイノベーション的な本も書かれていたと思います。とても残念ですが、その時の感じではあまり長く生きられないという印象だったので、67歳ではありましたが、その功績はとても大きかったと思います。

と今日のブログに書こうと思っていたら、バスケットの元Lakersのスター、Kobe Bryantがヘリコプターの事故で亡くなったことを聞いて愕然としています。特に13歳のお嬢さんと一緒だったというので、さらにショックでした。Kobeは私が米国に住んでいた時よりずっと後の時期のLakersのスターなのですが、バスケットはとても親しみがあったし、選手の名前も知っていたので、びっくりしてしまいました。海外ではスポーツ選手やアーティストなどがヘリコプタや小型飛行機の事故にあうことが多いなあと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る