記事の詳細

今日1月31日は1月の最後を飾って?嵐のような日でした。For English-> 昨晩、今まで経験したことがないような激しい頭痛がしたので、facebookにそれを書いたところ(予定があるのにこないというような時にどうしたのか、誰かがわかるように、心配な時はfacebooに書いてしまうのです)、多くの方から「すぐ病院に行きなさい」というようなコメントをいただいていました。私もこのところどうも体調があまりよくない(いろいろ時間に追われたり、おもっていることができなくて、苦戦していることが多いためか、朝3時半頃に起きるとそれから寝られないとか、日中もめまいがするようなことが何度かあった)ので、急病でたおれたりしたら困ると思って、facebookに書いたのですが、みなさんのコメントが切羽詰まっている感じだったのにびっくりしていたのです。時間に追われているのはいつもなのですが、今週はそれがピーク?でキャンセルできるものはすべてキャンセルして、原稿を書いていたのです。)

今朝起きたら頭痛はよくなっていましたが、頭がふらふらする感じは残っていました。(最近、私としては珍しく?、イライラしているのがわかっていたので、これも何か病気のせいか、とふと思っていました) 今朝も多くの方からコメント(CTやMRIを勧めるものもいくつか)をいただいたので、取締役会にいく途中で、これはすぐ何とかしようと、昨年5月にガラスのドアに衝突したあとに診察していただいた脳神経外科のドクターをスマホで調べて、問い合わせたのです。くも膜下出血は激しい頭痛がすると聞いていたし、いろいろ調べたら、めまいや吐き気がすると書いてあったので、実はかなり心配していました。

取締役会を少し早めに失礼して、脳神経外科にいったら、かなりの方が待っていて、(アポイントがないので)結局1時間半くらいかかりましたが、MRIをやりました。結果は(6月の状況と比較してみせていただきましたが)、無事でした。頭は大丈夫なのですが、首の脛骨?が何箇所か圧迫されているので、それで急性?の頭痛になったのではといわれました。姿勢がわるいので、首は痛いことが多いのですが、一応これで安心しました。

いろいろ心配してくださった方々ありがとうございました。昨年末から全く余裕がなく、クリスマスカードや年賀状も何もやっていないし、次々締切がくるし、という状況でかなりプレッシャーがあったことは確かなのですが、今まで経験したことのない頭痛だったので、すっかり心配になったのです。すぐクリニックにいって、MRIをしていただけたので、本当にラッキーでしたし、結果がよかったのでほっとしましたが、さすがに自宅に帰ってきたら、がっくり疲れていました。

いくつかあるプレッシャーの原因はまだあるのですが、少なくとも全く誤解をしていてこれではアウトです!といわれていた原稿は少しめどがたってきたし、手続き上でごたごたした件も解決したし、くも膜下。。という怖い病気でないこともわかったので、今週末は、締切に間に合わせるための活動が落ち着いてできそうです。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る