記事の詳細

 ついこの間ネットのニュース?で、最近若い人にカフェイン中毒が増えていて、それがエナジードリンクからきているようだ、という見出しをみました。For English=>  そんなことがありそうだなあと思ったくらいで、記事は詳しく読まなかったのですが、今朝、たまたま毎朝 聞いている Fresh AirというPodcastでカフェインの研究をしてオーディオブックを書いたMichael Pollan のインタビューを聞きました。

私はコーヒーがないと何も始まらないというタイプ(caffein junkieか?)で、一番よく使う家庭用品は?と聞かれて、コーヒーメーカーといったくらいです。(最近はNespressoも1日おきくらいには飲みます)毎朝、コーヒーを飲まないと(といっても日課の運動とシャワーを浴びたあとですが)、1日が始まりません。インタビューを受けていた人は、これまでもaddictive、サイケデリックな?もの(最近、そうしたものも良い効果があるという結果もあるみたいです)の研究をしていて、カフェインもどんな効果があるか、研究したようです。とても興味深かったのは、コーヒーが効果があるか調べるには、コーヒーを一定期間 断つ必要があるのではないか、と同僚?の研究者にいわれて、3ヶ月コーヒー断ちをした話、そして3ヶ月の期間が終わったあとで、コーヒーを飲んだ時のEuphoriaの話でした。

それ以外にもコーヒーは集中力をあげる、などの効用はあるが、睡眠にはよくない(眠りの一部が浅くなる?)というのもとても面白いと思いました。普通の中毒addictionと同様に禁断症状みたいになるようですが、朝コーヒーを飲むことで、禁断症状が起こる直前にかわす、など、私たちの1日のサイクルにあう、というような話も出てきました。

私もクリニックや人間ドックなどの検査などで、朝から水しか飲めない時の、検査後のラテの素晴らしさ(生きててよかった!というくらいの感じ)を実感しているので、そのEuphoriaの話に惹かれたのです。睡眠は浅くなるという問題はあるけれど、これからもコーヒーは飲み続けるだろうなあ、と思いました。

オーディオブックの名前がわからなかったのですが、ネットで調べたら Michael PollanのHow Caffein created the Modern World  だとわかったので、早速聞いています。インタビューの時よりは、アカデミックな話が多いですが、いろいろな国でのコーヒーの歴史や影響も出てきてとてもおもしろいです。まだ半分くらいですが。(オーディオブックは最近聞いていなかったのですが、これもPodcastと同じように、運動や通勤の間に聞くのに良いなあ、と思っています。こちらも日課というかaddictionになるかも。。。)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る