記事の詳細

 このところ、イスラエルの本を書いたり、企業セミナーをしたり、記事を書いたりする中で、私は将来が明るい!と元気になる時と、これはまずい、もう立ち直れないかも、と思う時が交錯しています。For English=>  私の周囲には、世界を変えようととてもすばらしいアイデアを持って活動している人もかなりいる(そういう人たち身近にいるというのは、とてもラッキーなことなのですが)、月曜日の朝通勤電車で寝ている人、すでに疲れたという表情の人などをみると、かなり暗ーい気持ちになってしまいます。

明日から新しい週ですが、エネルギーを感じさせ、元気でいろいろチャレンジできるようにと思うので、来週金曜日2月28日夜開かれるSINCAのセッションをご案内します。(かなり前にもご紹介したのですが、新型肺炎や締切に追われる毎日なので、しばし時間がたってしまいました。これからどんどんPRします!)

アイデアを持っていて、どうすればスケールアップできるかなあ、とか、会社をやめないと起業はできないのかなあ、と思っておられる方、また自分がやるかは?だけど、アイデアがある人がいたら何らかの形でサポートしたいと思っておられる方、次回SINCAVol. 16セッションは、まさにあなたの為のセッションです。テーマは、「社内起業家ーどうアプローチすれば?』というもので、ANAの深堀さんのチームをゲストに、いろいろ考えます。

深堀さんは、2010年に私が始めたグローバルゼミの第1期生、その時考えたアイデア”Blue Wing”を約4年くらいかけて実現した人です。私は当時からよく知っていて、企業の社会的活動としてとても良いアイデアだとおもっていたので、ANAの方々に話にいったり、ボランティアチームを応援したりしてきました。今このチームがやっているのは、3番目のプロジェクトで、飛行機を飛ばすのがビジネスか?という航空業界をdisruptする可能性のあるANA Avatarというプロジェクトを進めています。このアイデアはなぜ航空業界があるのか、という原点に戻って新しいアプローチを考えているもので、とても大きな可能性を持っています。国際的なコンテストにも盛んに出ていますし、(これがコツだそうです)、米国のビジネス・スクールのケースにも(確か、Blue Wingはすでに使われていて、Avataraも今作成中だったと思います。ー今度28日にそのあたり聞いて見ましょう!)

深堀さんのチームがどのようにして社内でボランティア仲間を集め、マネジメントにも働きかけてきたか、などとても興味深い話が聞けるので、社内起業家予備軍の方々にはとても役に立つと思います。また企業でイノベーションがなかなか出てこない、という課題を持っておられる方にも、さらには、Avatarの限りない可能性をいろいろ考えたいという方々にもエキサイティングなセッションになると思います。(深堀さんは1月25日に資生堂グローバルイノベーションセンターでやったSINCAでもパネリストをしていただきました。その時のビデオはこちらから見られます)会場はWeWork乃木坂(上の写真)、詳細はこちらです。チケットの出足がとてもはやいので、ぜひ参加したい方はお早めにどうぞ。確かある時間まで無料の生ビールもありますし、ケータリングのフードやドリンクを楽しみながら、ネットワーキングができます。多くの皆さんのお越しをお待ちしています。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る