p1000644.JPG 東アジア会議のテーマは、現在価格が高騰している石油、食糧、それからサブプライムローン問題から生じた金融システム危機などUncertaintyにどう対応するか? 特に急成長の途上にあり、経済開発が緒についたばかり(つまり、石油や食糧の価格高騰が一番打撃を与える貧困層がまだかなり存在する)アジアにおいて、こうした課題の解決のために、政府と企業はどう連携するのか、というものでした。ちょうど、石油や食糧価格高騰に対して大規模なストや暴動が世界各国で起こりつつある状況が毎日報道されていたので、この問題は東アジア会議に出席していたアジアの政府首脳にとっても、企業にとっても緊急の課題であることがひしひしと感じられました。

 実際に身近でこうしたストや暴動が起こっている場所でこうした課題を考えるのと、明日から食べ物が手に入らないという状況では必ずしもない日本でニュースを見たり聞いたりするのとでは、感覚がかなり違うと思いました。 

 このテーマを見ただけではわからなかったのですが、早い段階から議論が出てきたのは、こうした危機になると、各国政府は保護主義をとるようになることもあり、自由貿易や自由市場メカニズム、グローバル化への反論が必ず出てくるが、こうした動きに対してどう対応すべきか、またITの進化により、多くの人が情報を得られるようになる(ある意味では民主化)中で、それぞれ違う意見を持つ人をどうまとめていくか、さらには、ITの高度化により、世界のどこかで生じた問題が世界に波及するスピードとその影響の大きさが予想をはるかに超えたものである中、それに迅速にどう対応するかという点でした。

 またG8WTOなど今まで世界レベルでの課題を解決しようとしてきた枠組みが本当にこうした課題を解決する助けになるのか(特に、金融問題は開発途上国ではなく、米国が発端だし、G8には今一番急成長をしている国が入っていない)など、ずっと前の体制を前提としてできたグローバルな枠組みや体制への疑問でした。 こうした会議に出席することにより、2日間という短い期間でも朝から晩まで、こうした課題を考えることになるのは、日々の生活や仕事を超えた課題を考える、日本を越える世界観を持つ、などの意味でとても有意義だと私は思います。こうした機会を与えていただいている私自身の幸運を実感するとともに(本当にこうした広い課題について考え始めたのは、ここ数年のことなので)、より多くの人(特に日本の若い人)にこうした機会があると良いと思いますし、そうした機会を作りたいと思います。実際にこうした課題を考え、課題を解決する立場にある人の考え方を身近に聞き、自分なりに考えるのは、とても有意義だと思うので。