記事の詳細

締切に追われていた作業がほぼ終わったのですが、いろいろなイベントがキャンセルになったため、ちょっと気が抜けてしまっていました。For English=>  昨日から待望の本を読み始めたのですが、考えながら読む必要があるので、エネルギーが幾分枯渇状態の今日は休み、手を動かしてすること、気分がよくなりそうなことというので、セミナーなどの資料を古いものから捨てることにしました。整理の仕方は、時系列(野口悠紀雄さんのやり方)をずっと使っているのですが、5年前の資料をとっておいても場所をとるだけだし、5年前とは時代が様変わりしているので、今更見ることもないだろう、と全てすててしまいました。かなり重いし、5年前のものでも量が多いので、台車をもってきて捨てました。ネットから手に入れられるものはいらないので、もっと捨てる物がたくさんあり、明日また続けるつもりです。身軽になった感じだし、スペースがいろいろあいたので、ちょっと良い気分。

コロナウィルスの情報をSNSなどで追っている間にする作業としては良いようです。そうしているうちに、98歳の父がいるシニア・レジデンスのケアの方からメールが来て、3月末まで、緊急時以外の家族の面会はできない、ことを聞きました。土曜日にいった時はマスクをし、消毒、メディカルチェックリストなどだったのですが、高齢者が多いところで、誰か感染したら大変だ、と思っていたので、良いことだと思います。食べるものがなくなってしまいそうなので、いろいろ取り寄せて父のところに送ってもらうことにして、久しぶりに手紙でも書こうか、と思っています。電話で話すのはほとんどできなくなってきているのですが、元気が出るカードと写真なら良いかなあ、と。

リモートワーク、意味のない会合をやめる、どうやって成果を出すかをいろいろ考えるなど、ビジネスでは、いろいろなことを試すきっかけになりそうですが、プライベートにもマンネリ化している活動を見直し、新しく工夫してみるのに良い機会だと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る