記事の詳細

今晩、久しぶりに6時頃、都心からの帰り道で近くのスーパーに寄ったら、食品を買いだめしているみたいな人が多くて、ちょっと殺気立っていました。これまでとは違う雰囲気のような感じ。(いつもこの時間に行かないので、間違っているかもしれませんが) ただたくさんの買い物をしている人がいる、というのではなく、これまでは東京で感じられなかった危機感の兆し?を感じました。といっても、昼間行っていた大手町周辺はいつも通りという感じでマスクをしている人も減ってきたようでしたが。

ニューヨークは医療機関がほぼ崩壊状態?だし、英国はチャールズ皇太子が感染しているし、フェーズが変わったような気がしました。オリンピックが中止と決まって、どうなるのか?という不安はなくなったのですが、一方、インドやアフリカなど医療機関が整備されていないところにひろがりはじめていて、まさにGlobal Pandemiになってきていると思います。

日本もこれまではよかったのですが、東京がこれから感染者数がExponentialに増える可能性もなきにしもあらずですし、世界の物流が止まると食料などはどうなるのか、という新たな懸念も出てきます。英語のニュースやポッドキャストでよく出てくる外出できない中でどう対応するか、といういろいろなアイデアも、内容が少しずつ変わってきて、かなり深刻な感じがします。

先に光が全然見えない、こうした状況が続く中で、睡眠、食事、運動、そして何らかの形で人と繋がっている、困っている人のために何かしてあげる(電話だけでも良い)ことを実践しなくては、と思います。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る