30日の午後、急にご連絡をいただいて、イスラエル保健省COVID-19対策技術オンラインセミナーに参加しました。For English=> テクノロジーを活用して、Covid-19の感染拡大をどうコントロールしようとしているか、というテストケースの紹介でした。イスラエルはテクノロジーに強いのですが、中でもデジタルヘルスはとても強い分野だと聞いていたので、急いでウェビナーを聞いたのです。

イスラエル経産省貿易局ディレクターのOfer Fohrer氏のモデレーターで、下記3人の基調講演を聞いたのですが、それぞれとても興味深く、このようにしてテクノロジーをどんどん活用するのか、と圧倒されました。

Prof. Siegal Sadetzky, Director of Public Health Services at the Israeli Ministry of Health  Ms. Rona Kaiser, CIO of the Israeli Ministry of Health

Prof. Eran Segal, Weizmann Institute of Science

ビジュアライゼーションや人物の特定・追跡用のオープンソースソリューションHamagenはすごい!と思いました。日本では、感染経路不明という話ばかりですし、海外のニュースなどでもよく聞く追跡調査はデータを使ってすることもできなそうだなあ、と思いました。

色々な政府との協働や連携に対してもオープンらしいので、この辺りもっと活用したらどうか、と思いました。データ、アルゴリズム、ビジュアリゼーションなどテクノロジーの詳しい事はわかりませんが、何をやろうとしているのか、などはある程度わかりました。テクノロジーはこのように使うのか、と。