記事の詳細

月曜日5月18日、グローバルゼミの参加者の一人、本田さんをインタビューしました。For English=> 本田さんは2012年3ヶ月ごとに特定のトピックでグローバルゼミをやった時の参加者です。土木建築が専門で、神戸の震災の後プロジェクトに従事したり、英国に留学したりして、グローバルに活動をしたいと考えて、グローバルゼミに参加されたのですが、ラグビーワールドカップの仕事もしたいと考えていて、2011年から色々働きかけていたそうです。

昨年の日本開催でその夢がかなったわけですが、その経験や。チームの今の活動などについても話していただいています。

多くの皆さんは、昨年のワールドカップの興奮を覚えていらっしゃると思うのですが、特に新型コロナで皆で集まって応援したりということができない中、この時の印象はさらに強く心残っているのではないでしょうか。 特に組織委員会として、運営側からみた色々な経験はとてもエキサイティングです。ビデオは14分程度です。ぜひご覧ください。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る