Nikkei Styleのブックコラムに先日やった安宅和人さんとの対談記事が出ています。

安宅さんとはかなり前から知っていて、活躍しているなあ、と思っていたのですが、特に最近の活動が幅広く、ポイントをついているし、シン・ニホンはすばらしい書籍だと思うので、お願いして対談が実現しました。

久しぶりに電車に乗って都心に行ったのですが、とても楽しくて時間を忘れました。(写真をみると、私はいかにもうれしそうでしょう!)

安宅さんとは色々なイベントで会うことも多く、各種のレポート(特にAI readyにするための教育など)はいつもよく読んでいます。(Tweetでもそうか!と思わせられるコメントが多いのでもちろんフォローしています!)  記事はこちらから見られます。ぜひどうぞ!