金曜日は久しぶりにSINCAでデイベートをしました。SINCAは、私がサポートチームに助けてもらって、日本ではあまり機会がないと思われる英語でのディベートを練習する、自分のストーリーを語る、など、必要だけど。。というテーマを考えて、やっている取組みです。こうした取り組みは、結構手がかかるので、面倒だからもうやめようと思ったら、それで終わりになってしまいます。止めるのはいつでもできるので、何とか細々でも良いから続けようと思ってやっています。コロナの影響で集まって、ディスカッションやネットワーキングができなくなったので、オンラインで始めたのですが、ディベートは6回目。曜日なども考えつつやっています。

今回のテーマは、今話題?の9月入学。短い時間なので、教育制度の改革など広くしてしまうと収拾が付かなくなるので、9月入学に限ってやってみました。(それでもかなり定義で混乱しましたが。。。)」このような試みにほとんど毎回参加する人もいますし、初めてだけどまたやりたい、という人もいるし、私も色々考える機会になるので、続けようと考えています。

色々意見をいう人はいますが、(この前も書いたような気がします)、求めるものや状況を作り出すために、何か行動をしないと、結局は評論家で終わってしまうと思います。だから次々やっている人ー私の周りにはかなりいますーは、年齢や性別、国籍などに関係なく、私はとても尊敬してしまうのです!最近はTweetのハッシュタグなどで大きな動きにできることが世界各国(日本でも)わかって来たので、だめもとでも色々試してみることが大切だと思います。

ディベートのように、議論をするためにも練習が必要なので、色々な方法を考えて、試してみるのが良いです。SINCAも毎回、参加した方々からコメントや提案をもらうので、それを取り入れて少しでもよくなるようにといつも色々試しています。

今回のディベートはまだ写真だけですが、編集ができたら短いビデオをポストします。SINCAも早くリアルとオンラインの二本立てでできるようになると良いなあと思っています。何でもやってみないと、がモットーです!