記事の詳細

 今日午後近くの郵便局に行った帰りに、声をかけられました。For English=> 最初はどなたかわからなかったのですが、マスクを外されたら、昨日もお目にかかっていたある企業の方だということが分かりました。近くにお住まいだということだったのですが、私はわからなかったのに、なぜ私だとわかったのかなあ、と不思議に思いました。(マスクはもちろん、野球帽みたいなキャップをかぶっていたし、ポロシャツというスタイルだったので。。。)

マスクをしているとどなたかわからないことがよくありますが、それとともに何をいっておられるのかわからない、ということも時々あります。感染を防ぐという意味では必要なのですが、マスクもなかなか大変です。

とそんなことを考えていたら、この間大阪でお好み焼きを食べた小さな店で、接客業らしい女性とその店のご主人が、接客する仕事なのに、マスクで表情がわからないと困るという話をしていたことを思い出しました。小さな店だったので、お客さんは、その女性と私。それに店のご主人と三人だけだったのですが、接客業とマスクの話は、ふーんと思って聞いていました。接客業はお客さんの表情やちょっとした顔の動きなどから気持ちを察して、おもてなしをする!のだと思うので、なるほど。と思いました。今後マスクがずっと続く中、コミュニケーションはどうなるのかなあ、どうしたら良いのかなあ、とちょっと心配に。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る