記事の詳細

ここ数日、若い友人二人から、留学と転職を知らせるメールをいただきました。For English=>  留学はニューヨークのコロンビア大学大学院、転職はGEメディカルへの転職です。いずれも以前から知っている人たちで、時々メールをいただいたりする位でしたが、このような新しいチャレンジを知って、とてもうれしい気持ちになりました。 いろいろ長い間、一緒に仕事をしたというわけではないのですが、ブログやTwitterで何となく連絡がとだえず、こうした大きなイベントがあった時に知らせていただけるのはすばらしいことだと思います。

私は若い時(必ずしも物理的年齢だけでなく、「心」が若ければよいのですが。。。)に、いろいろ新しいことをすることは自分の人生にとってもキャリアにとっても有意義だと確信しています。見るもの聞くものから刺激を受ける感度が高いうちに、自分の目で見て耳で聞き、いろいろな所、物、人に触れると、そのインパクトははかり知れません。 「意義」と難しいことをいわなくても、新しいこを知る、触れることはそれだけでとても楽しいものだと私は思います。

こうした新しいことにチャレンジし、実践する人たちの行動力はすばらしいと思います。できる限りこのような転機を迎えた人には会って話を聞きたいと思います。何をしたいのか、どうしてそんなことを考えたのか、どうやってやったのか、など教えてもらえることもたくさんあります。また、そうした話を聞くと、私も元気が出て、何か新しいことをやりたいなあという気になります。気持ちが先走るので体にだけは気をつけなくてはなりませんが、新しいことに常にチャレンジすること、自分の夢を実現しようと行動を起こすこと、それに向かって一歩を踏み出すことは、どんな時代でも、どこにいても、誰にとってもかけがえなく、すばらしいことだと思います。

関連記事

    • Seigo Aoyagi
    • 2010年 6月 23日

    石倉先生、こんにちは。三重の医学生です。
    ブログ、のぞかせていただいています。

    直感を信じて、ドアをノックすると、
    新しい刺激が得られるだけでなく、
    出会いによって人生そのものが動き出すことが多いですね。
    黒川清先生との出会いもそのような感じでした。
    石倉先生にお会いするチャンスが楽しみです。

    青柳せーご

    • yishikura
    • 2010年 6月 28日

    せーごさん、石倉です。コメントありがとうございました。
    そうですね、直感、出会い、ちょっとしたきっかけから、新しい世界が広がりますよね。あそこであんなことがなかったら、ということがよくあります。
    会えるチャンスが近いことを期待しています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る