記事の詳細

今朝は、重要書類が見つからない、何度書斎やあちこち探してもない!という第一のクライシスから始まりました。For English=>  昨日は父が急に誤嚥性肺炎になってしまい、血圧、脈拍、血中酸素飽和度などこのままでは大変という数字になってしまい、夕方にはクリニックのドクターからも電話をいただくほどでした。

資料の問題が金曜日にしたセミナー会場におき忘れたことがわかり’(左の写真)、預かってくださった方と、暑い中待ち合わせていただき、第一のクライシスは解決され、ホッと一安心した後も、父のことがかなり気になっていました。

そうしていたら、ケアの方から、また水を飲もうとしてひどくむせたと聞いたので、午後から目が眩みそうに暑い中、父のシニアレジデンスにいってきました。毎週きてくださるヘルパーの方だけでなく(実は直接お目にかかったのは初めてだったのです、いつも色々やっていただいているのです)、訪問看護師の方もおられて、しばしお話ししました。父は吸引もでき(これはかなり痛いらしく、ちょっと見ているのが辛かったのですが)だいぶ落ち着いて、体温も血圧も血中酸素飽和度も平常に戻り、気分が良さそうでした。

最近では珍しく笑顔で、明らかに私のことがわかっている様子で「きてくれてありがとう」と言っていました。(最近の具合が悪い時はかなり硬い表情をしていることが多いのですが) 会話も結構できて、少し安心しました。吸引器が来るのを待っていたのですが、何と部品を忘れたということで登場したのは、約束した時間から1時間半後! 散々文句を言っておきました。(来る時間に合わせて行ったので、冗談じゃない、というのが私の正直な気持ち)

支払いだけを済ませて私は帰ってきました。暑い中あちこち歩いたので、私もかなり疲れてしまいましたが、父の様子がわかったので、ちょっと安心しています。

昨日からクライシスにつぐクライシスでしたが、一応危機的状況からは脱したので(特に私の重要書類は戻ってきたので、本当にホッとしました)、昨日に次ぐ、朝からの緊迫状況は脱した感じです。明日からは新しい週。また元気に活動を始めなくては。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る