記事の詳細

 今年も池袋の東京芸術劇場で Born Creative Festival (ボンクリ)が開かれます。For Ehglish=> 私のウェブサイトのバナーにも載っていますし、ブログにも書いていますが、9月26日土曜日ほぼ一日、芸劇で世界中の「新しい音」に触れる経験をすることができます。

ボンクリは今年で確か3年目、私の友人の藤倉大さんがプロデュースする、フェスティバルです。私は1年目から応援していて、実際に自分でも聞きにいっています。最初の年は、これはあまり聞いたことのない新しい音で、珍しいなあ、という感じが強かったのですが、昨年は、スペシャルコンサートを昼に開いたので、秋の一日を過ごすことができました。

今年は海外のアーティストが新型コロナのために来ることができないので、日本のアーティストが登場します。私の友人の吉田誠さんも登場します。

2時からのスペシャルコンサートのチケットがあれば、(ワークショップはチケットが必要ですし、事前申し込みが必要です)アトリウムで開かれるperformanceと大人の本クリはみる・聞くことができるようです。(この方式は新しいかもしれません) プログラム一覧はこちらです。 フェスティバル全体の概要はこちらからご覧ください。

昨年は直前にやった?私のセミナーの参加者の中から希望者にチケットを差し上げたので。セミナー以外の場で皆さんとご一緒することができました。今年も最近SINCAに参加してくださっている方々に声をかけようと思っています。その方々にはメールをしますが、それ以外の方もご招待はできませんが、ぜひお越しください。チケット情報はこちらです。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る