p1000656.JPGp1000655.JPG 外国に来ると、いろいろな新しいというか「違う」ものに目が行ったり、気がついたりするのですが、そのひとつがSpeed Bumpです。

 日本では地下鉄など公共の交通機関がとても整備されているし、大体は(最近遅れることもラッシュアワーでは多いですが)、時間が正確でめどがつけられるので、地下鉄や電車を使うことが圧倒的に多く、自分で車は持っていませんし、運転もほとんどしません。でも海外(特に北米)では車がないと全く機動力がなくなるので、いつもレンタカーをして、運転します。日本に比べて、駐車場もたくさんあるし、道路は広くて込んでいないので、楽だし、気分転換になります。

  そうして車を運転すると気がつくのがSpeed Bumpです。これは道路にある突起?(左の写真)で、30kmなど制限速度が遅い住宅地、横断歩道の前などに多数あります。信号がない代わりともいえるかもしれませんが、とても効果的で、いつも感心します。最初のうちはSpeed Bumpに気がつかず(実は道路標識でSpeed Bumpがこの先にあると書いてあるのですがー右の写真)、そのままの速いスピードで走ろうとすると、かなりの衝撃があります。最初はSpeed Bump自体を知らないので、びっくりして「何にこれ?」という感じですが、すぐに慣れて、いかにスピードをさげさせるのに有効かがすぐわかるようになります。もちろん住宅地や学校が近い所では、何箇所にもBumpがあるので、自然にかなりゆっくり走るようになり、突然子供などが飛び出してきても、すぐとまれて安心です。

  日本でも「安心・安全」ということが良くいわれますが、なぜこうした簡単(私にはこのほうが信号をつけるより、ずっと簡単だし費用もかからないように思えるので)なやり方がないのか、何か理由があるのか、不思議に思います。