昨年8月に六本木アカデミーヒルズでやったグローバルゼミ特別セッションでゲストにお招きしたシリコンバレーのソフトウェア企業Caspar AI のFounder & CEOのAshutosh Saxenaさんから連絡があり、最近の状況を知らせたいというので、オンラインミーティングをしました。For English=> 以前は住まいをあなた好みにする、という感じだったのですが、最近はシニアに注力していて、米国ではシニアコミュニティからの需要がとても大きい。と聞きました。特に新型コロナで家族が高齢の両親や親戚を訪問することができない中で、AIを用いてシニアの暮らしをサポートするというのは日本にも大きなニーズがあると思います。高齢化がどんどん進み、介護が大きな課題になっている日本でどのように誰に対して働きかけたら良いか、などしばし話しました。8月にセミナーをやった時に書いたブログ(上記)にも反応がよかったのですが、今回はミーティングのことをfacebookにポストしたらコメントや問い合わせがかなりきたので、このブログ(英語版も)に書くことにしました。

その企業のウェブサイトはこちらです。また以前より簡単な機材?で設定ができると聞いているので、日本には大きなマーケットがあるのでは、と考えています。