記事の詳細

このウェブサイトやブログでもご案内してきましたが、10月28日午後開かれたイスラエル大使館、JETRO主催の「イスラエル・オープン・イノベーション」Webセミナー「『タルピオット」からみるイスラエル・エコシステム」のビデオが公開されています。

プログラムは主催者JETROと、最近イスラエル大使館に赴任された経済公使ダニエルさんのご挨拶の後、4つの短い講演から構成されていました。

講演①「Israel innovation and Talpiot」Mr. Tsvi Lev, MD of NEC Labs Israel and Corporate Vice President

(Lev さんは、タルピオットの出身者、そして現在日本企業に勤務されています)

講演②「イスラエルのエリート教育に学ぶ」 新井均氏  合同会社グローバルブリッジ代表(新居さんは長年イスラエルと日本企業と共に活動しておられます)

講演③「COVID−19後のスタートアップ投資動向とイスラエルスタートアップとのオープンイノベーションにおける成功要因」坂口 直樹氏 アビームコンサルティング P&T-Dビジネスユニット Research & Innovationセクター シニアマネージャー(アビーム社はイスラエルのスタートアップとの橋渡しを積極的にやっておられ、坂口さんはその中心人物です)

そして最後の講演④「With コロナにむけて、人材開発が課題の日本企業―タルピオットのプログラムはいかせるか?」が私の講演でした。

私は人材開発を中心に、3月に出版した共著「タルピオットーイスラエル式エリート養成プログラム」を日本でどう活用できるか、という話をしました。

企画の段階で色々なアイデア(パネルをしようとか)が出たのですが、それぞれの経験からの話を中心にした方が良いのではないか、という結論に達して、こうした形になりました。

第2部ではイスラエルのスタートアップ3社が、それぞれの持つ技術、得意技などを紹介して、その後の商談会につなげました。(第2部のイスラエル企業の紹介まででも1時間半くらいと長いです)

私はまたも!画面共有でもたもたしてしまいましたが、何とか色々教えていただきながら、スライドをお見せしながら、話を終えました。(でも先ほどみてみたら10分という予定時間を大幅にオーバーしていました。(私の話はスタートから43分後くらいです。)ビデオはこちらからみられます。ぜひどうぞ!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る