記事の詳細

今日日本時間の午後1時半から、AESC Virtual Conferenceのセッションの一つに参加しました。For English=> 私のセッションは25分程度、打ち合わせをした時に、スライドなどを使うのはやめたい、自由に話をする方が良いとお願いしたので、そのスタイルになりました。このカンファレンスは17日から3日間やっているもので、今日が最終日(これに気がついたのが今朝!)私のセッションのタイトルは、”GENDER DIVERSITY: AS THE FOUNDATION FOR SUSTAINABLE  COMPETITIVE ADVANTAGE IN ASIA”というものでした。

確かウェブサイトから問い合わせがきて、こんな会議があるのでスピーカーに、というご依頼といくつかテーマ候補をいただきました。ほとんどが女性活用、多様性関連のテーマだったので、正直なところ、またか?という感じがしたのですが、企業のリーダー的役割と女性、競争優位性というものがあったので、それなら自分の経験も話せると思って、それにしました。

打ち合わせをした時、スライドなどを使うプレゼンテーションではなく、ディスカッションにしようと決めたのはよかったのですが、オンラインのプラットフォームが新しい?ものだったので、なかなかうまくつながらず、悪戦苦闘。最近こういう事が続いているので、この数日はかなり心配していました。(それに加えて、京都へ行ったり、忙しかったので、もう一度試す時間がなかった!)

今日は、アクセスも無事できて、あっという間にセッションは終わりました。このセッションのために、色々資料を調べてはいたのですが、細かい数字などは時間が短いこともあり、紹介せず、アジアと言っても国によって状況が違うとか、企業業績と多様性の関係の変化、そして私個人の経験を話しました。(これまで、何社で社外役員をしたか、と思い出したのですが、いくつか忘れていたものがあり、合計10社以上であることを発見!しました)」

こうした機会は、準備など時間を使いますし、アクセスなどで気をつかうことも多いですが、良い機会なので、日程があい、テーマについて何か発言できる場合はできるだけ、やろうと考えています。この数日は色々な事があって、かなり焦る気持ちが強かったのですが、何とか終わってホッとしています!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る