記事の詳細

今日地下鉄の中で、Yoko!という声を聞いたので、振り返ったところ、日曜日に通っている合気道のクラスのPaul先生でした。マスクをしているので、あれ?という感じでしたが、しばしお話ししました。

今クラスでやっている木剣の素振りを毎日夕方短時間だけど練習していること、一人で練習すると自分の動きに集中するから、何とかできるのだけど、クラスでパートナーと「合わせ」をやると、必死になってしまい、混乱して、足が動かない、体重移動をしない、などと話していたら、繰り返し練習していればできるようになる、と言われました。Paul先生は,いつも励ましてくださるので、また何とか続けようという気になります。

新しいことをやろうとするとなかなかうまくできないので、(特にかなりの年齢になってからやろうとすると)途中で挫けてしまうことがありますが、そういう時に良い点を探したり、だんだんよくなっていると言ってもらえるとそれだけでまた続けようと思います。(短時間でも結構体力を使うのか、あとでぐったりということがあります。。。)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る