記事の詳細

今年は色々出遅れていて、すでに2日ですが、2020年の活動をレビューし、書類や資料の整理(というか捨てるという意味です)することにしました。For English=>

全体を見ていると、活動としては(対象や目的によって、違う色でマークしているのです!)社外役員やアドバイザーなどをしている企業や組織の会議がとても多かったこと(2月後半以降はほぼ全てがオンラインですが)、いつもは4ヶ月近く過ごす海外が今年は1週間!(1月初めにニューヨークに行った) だけ、海外での会議は全てキャンセルかオンライン)。オリンピックを避けて行こうと思っていたカナダは、2ヶ月いくつもりだったのですが、成田空港まで行って飛行機に乗れなかったこと。

業や協会などのセミナーは、リアルが2月なかばまで、それ以降はほぼ全てがオンラインかハイブリッド。大学生、高校生など若い人を対象とした講演もハイブリッドかオンライン。インタビューは多くがオンラインでしたが、一部はリアルもありました。

4月以降は、勝手?に始めたイベント(SINCAとGAS Talk)をオンラインで続け、手が足りなくなったので自分でビデオの編集もしたこと(いずれもたまたまですが、15回ずつでした)。

コラムは毎月Japan TimesのOpinionを10月まで書いたし、BBC Business Mattersはほぼ3ヶ月に2回くらいのペースで参加したこと(これも自宅からできるようになったので)などでした。

いつも私のマンションで半年に1度やるLadies Night Tokyo版はオンラインでやろう!と提案して、バタバタしながら、毎週(計30回以上!)やりました。それ以外にも、通常は私のマンションでする打ち上げ?もできず、シャンパンは買ったけど、という状況です。

3月までは新しい本「タルピオットーイスラエル式エリート養成プログラム」(共著です)のインタビューや原稿でとても忙しく(1月はニューヨークでほとんどしたのは原稿書き)、記事は出ましたが、コロナの緊急事態でセミナーなどはあまりできなかったこと。

家族といえば、米国のStepkidsの家族には1月にあっただけ、日本にいる唯一の父は9月初めに亡くなったことです。(カナダに行けなかったので、面会できない時―ビデオや写真を送ったー以外は毎週末行っていました。98歳だったし、静かに亡くなったので、まあよかった?なあ。と。)

友人も何人か亡くなってしまいました。(これはちょっとショック)

運動は、毎日マンションにある小さなジムと近くの公園で多分毎日(362日くらい?)やり、それ以外も3月頃までは近くを歩き回っていましたが、それから使っていなかった自転車を取り出し、毎日のように乗っています。ほとんど自宅のスタディ(元の計画はコックピット風にしたかった!上の写真)でスクリーンに向かって仕事をしているので、毎日最低2回は外へ行って、気分転換が必要です。毎日料理をしているので、色々試すようになりましたし、コロナで売れなくなった業務用食品など注文して食べています。(これがとても美味しいのです!)

この2ヶ月くらいはコンサートやミュージカル、展覧会にも行くようになって、その魅力を再認識しています。

何とかコロナも免れて元気なので、このままいければ良いなあ、と思っています。

ちょっと遅いですが、2021年が皆様にとって良い年になるように願っています。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る