記事の詳細

今朝7日Tweetをみて、Capitol Hillを襲う暴動を知りました。あまりにびっくりしたので(ビジュアルの力はとても強力)、予約していたクリニックで検査をする前後も気が気でなく、自宅に帰って、ニュースを色々みました。

米国にいるstepsonの家族からのメール(ひどい状況だけど自分たちは無事)もみながら、ここまでいくとは思わなかったけど、このようなことが起こる可能性はかなり前からわかっていた、というTweetなどにみられるコメントに全くそうだ、と感じました。色々なやり方でトランプをremoveしようとしているようですが、このままいくと米国内だけでなく、それ以外と戦争を始める可能性もあると実感します。トランプが始める可能性もあれば、米国を敵視している国や組織がこの混乱を利用する可能性も大きいと思うので。

トランプが大統領に就任した時、それまでの過激、極端な言動は、大統領になればおさまると思っていた(希望的観測)人もかなりいましたが、ここまでの状況を見ると、それ以上に言動が過激、極端になっていると思います。

それにしても、共和党のほとんどがまだトランプを支持しているように見えるので、ここまでくると米国も終末かという感じが強くします。こういう可能性を持っていたトランプに、米国の半数近くが投票したのですから。

自由と権利を守るためには、戦わないと、といつも考えていましたが、これだけ米国民の中で、戦わない人たちがいるということの方に愕然としてしまいます。私の頭の中では、日本の緊急事態宣言も吹っ飛んでしまった感じ。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る