記事の詳細

2020年と2021年はあまりにも今までと違うので、年末年始にする習慣をすっかり忘れてしまった方も多いのではないでしょうか。私もその一人で、年末は2020年の活動を説明するビデオを必死!でいくつかつくっていたので、いつもはクリスマスカードや年賀状がわりにかくメールどころではありませんでした。おせち料理も出遅れ、3日すぎに食べましたし、このところ数年使っている手帳というかカレンダーもリフィルを注文していなくて、さて今年の活動を記録しようと思ったらーこれはこの数年毎日やっていること、オバマの本を聞いて始めたわけではありません!ー手帳が終わっていることに気がつき、急いで注文して、書いたという状況でした。

毎年末カードがわりのメールを書くため、その年のレビューをして、よかったこと、もう一つだったことなどを時間配分を含めて自分用に書き、新しい年の計画を立てるのですが、今年はそれも余裕がなく?色々な締切やオンライン会議に追われていました。

多くの人が New Year Resolution『今年の抱負』を決めるのも新しい年の習慣だと思うのですが、今年は皆やったのかなあ、と思っています。そこで!(と無理やりですが)、1週間先の日曜日17日に開く今年初のSINCAで、New Year Resolution,やAction Planをインタビューして(あるいはされて)、しっかりしたものにする、というアイデアを考えました。自分だけで考えていてもあまり面白くないので、ロールプレイでジャーナリストの役割をしてもらう人に、ちょっと違った観点から色々聞いてもらい、そこから、深めようと考えているのです。その場で相手が決まるインタビューなので、前もって調べておく、とかができず、その場で相手の話をよく聞いて、話を続ける、核心に迫る?質問をする練習をしよう、そしてそれに答えることで、自分の計画を具体化しようと考えているのです。つまり聞く人、聞かれる人に、何かプラスになることができればと考えています。

初めての試みなので(インタビューの練習をリアルでやったことはありますが、オンライン、それもその場で相手が決まるのは)どうなることか、という感じもしますが、この間このブログにも書いたように、いつもと違ったこと、新しいことをすると脳の細胞が増えて、活性化するということなので、一石三鳥くらいかな、と、詳細はこちらからfacebookのイベントページで見られますし、登録もできますので、ぜひどうぞ。(New Year Resolutionも挫折する人が多いと聞いていますが、ある活動を継続するためには、というコラムも今書いていて、その辺りも色々なアイデアがありそうだ、と思うので、ぜひSINCAに登録してください。私も1週間で考えます)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る