記事の詳細

毎年1月に、まとめて人間ドック、経過観察をしている内臓の検査色々をするのですが、やっと今日で一応終わりました。毎年何かしら引っかかる人間ドックの結果は後2週間以上かかりそうなので、その後で考えるとして、ひとまず終わったので、ホッとしています。特に今年はコロナで病院やクリニックも大変そうだったので、かなり神経質になっていました。(いつもですが、今年はさらに)病院にいくと、様子がかなりちがうので、メディアで見ているのとは実感が違います。

検査などはかなり疲れるので、無事終わって良かったと思っています。今年は米国の暴動、コロナ、それにとても寒い日々が続いたし、原稿にも追われていたので、あまり心配したり思い悩んだりしない私でも、落ち着かずに、自分でも?と思っていました。

またなぜか問い合わせがとても多く、対応できないくらいだし、コロナの緊急。。などで日程が二転三転することが多く、それでも混乱してしまっていました。もう一息で落ち着くと思うので、深呼吸をしてまたやり直そうか、と思っています。

先ほどから米国のバイデン大統領就任式の話を聞いていたら、色々不安はあるけれど、何となくホッとしている雰囲気も感じられます。何が起こるかわからない、という毎日が続いたので。それは続くけれど一応一つの時代が終わるのではという感覚、期待でしょうか。(それを見ていたら、私自身の感覚にも似ていたので、なるほどと。)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る