記事の詳細

次回のSINCAは2月14日バレンタインデーです。For English=> 海外に行けなくなった高校生などにも声をかけ、いつも参加してくれる?一般の人たちには、「あなたが今高校生だったらどんな希望・夢を持ちますか。そのために何をしますか」を考えていただいています。

セッションでは、小グループをいくつも作り、高校生も入れて自由にカジュアルなディスカッション(英語ですが、少人数なので、皆気楽に話すことができます!)をしようという企てです。

月曜日にやったオンラインセミナーで、イスラエルとどう協働するか、という話の中で、将来を担う高校生が一緒に活動できる機会を作りたい、と言ったところ、名古屋の方からすぐご連絡をいただいています。この時のセミナーのトピックが「高校生から選抜して筋金入り?のテクノロジーリーダーを育成するタルピオットだったこともあり、高校生が色々な点で一番良さそうだと思っているので、実現するにはどうするか、を今検討中です。

日曜日のSINCAでもそのあたり皆さんの意見を聞いてみようかなあ、と思っています。

この間私が高校生だったら、何をするか、という皆さんにしている問いかけに私も答えてみようと思って、色々書きましたが、その時は高校生にあって私にないもの(時間、エネルギー、体力など)から考えたのですが、次は私にあって高校生にないものも考えると言いました。それで色々考えたのですが、私が持っている知識や経験などはほとんどがこれからの時代に合わない「時代錯誤」というか「古い」ので、全然役にたたないなあ、と思っています。そう考えると、少なくとも、「私はxxなことをやってきた、とか、昔はこんなことがあった」は「禁句」にしようと、これまでの「引き出し」に安住することだけはしないように、と心に決めています!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る