記事の詳細

 10日ほど前、九州地域政策デザインスクールの最終発表会にコメンテーターとして参加したのですが、その後、基調講演をなさった麻生泰さん(以前から存じ上げていてお世話になっている)とメールをやりとりしていたら、九州経済連合会がやっている生産者支援クラウドファンディングのご案内をいただきました。

新型コロナで業務用の食品などが大量に余ってしまったというようなニュースはこれまでも色々聞いていて、あれこれ買って(何と餃子は200個以上きてしまい、冷凍庫がいっぱいになったほどです。やっとあと16個になりました!)、さすが業務用は美味しいなあ、産地直送は新鮮さが違う、などと思いながら、食べていたのですが、この試みもお手紙をいただいてすぐサイトを探し、早速寄付・注文してしまいました。九経連のこの取り組みは2度目のようですが、このサイトからみていただければ幸いです。

麻生さんの基調講演の中に日本の食料自給率の低いこと、高齢化が進む中、第一次産業をドローンやセンサーなどを駆使して、もっと新たな視点で活性化するというお話も出てきたので、早速頼みました。商品の種類がかなり多いので、目移りしてしまい、決めるのにちょっと時間がかかりましたが、写真もあるので、それも楽しいです。こちらからどうぞ。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る