昨日は時間と余裕がなくて、全部みられなかった11日朝のSansanのオードリータン、デジタル大臣とのセッションのビデオをみました。For English=> 自分でやったので?という感じかもしれませんが、色々なヒントがたくさんあるセッションでした。本で読んだり、ビデオをみたりしていたことも一部出てきたのですが、若い人と高齢者をつなぐ方法の詳しい話や背景をわかりやすく説明していただいたので、なるほど!というところが多々ありました。

対談のモデレーターをする時は、本やビデオを前もってみて準備もするのですが、今回はどんな問いかけか、先に知らせてと言われていたので、リストを一応準備していました。でもその順序はほとんど無視?してしまい、その場で「こういうこともあるのでは?」ということも伺ってしまいました。新型コロナが高齢者のデジタルを促進するのでは、とか、宇宙ステーションの話など。

最初の方で、私のiPhoneのSIRIがしゃべってしまい、焦って消したのですが、ビデオでも聞こえていました!

最後の睡眠中に新しい視点が出たり、考えがまとまるという話は確かどこかでみていたのですが、今回の話に合わせて(binaryとデジタル)出てきたのが興味深かったです。早速寝る前に情報を集めて、試しているのですが、まだこれは!というものは出てきていません。どんどん試してみようと!

自分がやったセッションやセミナーは必ず(手に入れば)みてみるのですが、ちょっと話題が飛んでいるなあ、と思うところなどもありました。やる前、これだけ関心を集めているゲストなので、とても緊張していましたし、ネットが繋がらなかったらどうしよう、など結構心配していたので、何とか無事終わってよかったです。こういう機会をいただくと、新たに情報を集めたり、セッション中にも新しい発見があるので、とてもエキサイティングです。こちらから多分みられると思います。(他のセッションも多数あるので、いくつかみたいなあと思っています) ここから  アーカイブを探して、みられるのではないか、と思います。