記事の詳細

昨日オンラインで開かれたSamurai vision 2030、久しぶりに榊原さんの話を聞いて、素晴らしいなあ、と思い、少しだけfacebookに写真とポストし、ブログに書いて良いか、聞いたところ、MVVのところは書いても良さそうなので、書くことにしました。MVVの3ページはウェブサイトにもでていたので、早速ポストすることに。榊原さんとはかなり前に、イスラエルの話をグローバルゼミでしていただいた時から存じ上げていて、1年以上前?に、六本木のオフィスを訪問したり、イスラエルやアフリカの話をしていたところだったのです。

私がとても好きなのは、「できるできないでなく、やるかやらないか」という言葉です。どうもできるかできないか、ばかり考えている人が多いような気がするので、やっぱり!と思って、とても勇気づけられましたし、もっと若い人(例えば、最近コンタクトが増えつつある高校生などにぜひ知ってもらいたいと思いました。)私は最近、新型コロナで世界が大きく変わっているのだから、こういう時こそ、大風呂敷を広げ、大ボラをふけば良い!といっているので、SamuraiのMVVはまさに今必要な壮大なビジョンだと思いました。榊原さんのご家族との話もとても心を打たれました。身近にいる人(直接知らなくても)の役割が大きいなあ、と痛感しました。

そう思うと、壮大なことを平気で?いう人が少なくなって来ると(あるいは近くにいないと)壮大なことってどんなことだろう、という実感が得られず、元気がなくなってしまうのではないか、と懸念を持っています。できないかもしれないけど、そんなことを考えている間に、どんどんやったら良いと思います。榊原さん、佐伯さん(SINCAで知り合って、今回も元気そうな顔がみられて嬉しかった若い友人です!)ありがとうございました。ビデオはconfidentialなことが入っているみたいなので、ウェブサイトのPhilosphyをはこちらです。ぜひご覧ください。プレスレリースもウェブサイトにあったので、0519cf68c9984b84150df0c7f673f483 

上に載せたpdfからみられると思います

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る