記事の詳細

NHKの「やさしいビジネス英語」を30年以上続けてこられた杉田敏さんの番組が3月で終わるというニュースをどこかでみていたのですが、友人のfacebookなどにそれに関するコメントがでていたので、杉田さんについて書くことにしました。For English=> 

1996年に初版がでた杉田さんのご本「英語の達人」に私も登場しています。そこにある杉田さんとの対談(二人とも若い頃、1970年代に英語放送をしていたケーブルテレビ局ー以前朝日新聞があったところーの小さなスタジで、トークショーのようなものをやっていた時のことを話している)も面白いです。全然経験ない中でよくやったなあ、という気もしますし、本の私の写真を見ると、若いなあ!とも思います。

まだこの本に出していただいたころの私の発言を見ると、今と全然変わっていないので、ちょっとびっくり(20年前なのに、進歩がないなあ!)とも感じました。「英語とコンピューターと自己主張が『世界で一流』への道を拓く」というのが私の章の副題なのです!

30年以上続けられたというのはそれだけですごいなあ!とただただ感心してしまいます。ウェブサイトなどを見ると、これからも色々活動されるようですから、また何かの機会があれば嬉しいなあ、と思います。(メールアドレスを探そうとしたら、見つかりませんでしたが、数年前にご連絡をしようとしたらしく、facebookでコメントをいただいていたらしいということはわかりました。六本木ヒルズ?にオフィスがあるから、と書いてあったのです!)杉田さん、これからに期待しています!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る