記事の詳細

昨年3月から毎週日曜日に、コロナ前は(かなり長い間)私のマンションで年2回Get -togetherをしている女性の友人とオンライン井戸端といzoom meeting(1時間)やっているのですが、これが本当の井戸端か!という経験を続けてしました。

数日前、マンションの外で二人の女性(多分年が近い?)が立ち話をしているのを見かけました。(左のイラストの感じ)私は夕方、気分転換もかねて、自転車で公園を走り回るのですが、いく前にみた全く同じところでお二人が、自転車で走り回った後もおられるのをみて、いささかびっくりしていたのです。

何をそんなに話すことがあるのかなあ、と思っていたのですが、今日、マンションのお隣の人が、買い物を終えて帰ってきたところに、遭遇(私はずっとビデオの編集をしていたので、気分転換と買い物に行こうと思っていたところ)しました。話がなかなか終わらず、とうとう、「もういかないと」といって、私は最初の予定の買い物に行ったのですが、よくこれだけ話すことがあるなあ、とかなり圧倒されてしまいました。(実際、話は結構興味深いのですが、そんなに長い間話が続くということにびっくりしたのですl)

これが本当の井戸端か!というのが今日の教訓でした。そういえば、女性は、延々とおしゃべりをしていることが結構あったなあ、と思い出しました。私は聞きたいこと、言いたいこと、だけを話すというスタイルなので、別世界に紛れ込んだような感じでした。

もうXX年も前ですが、米国で女性の友人と、屋外でリラックスしていた時に、「Yokoは何も言わないでずっといられるから、楽だ」?(というような感じ)と言われたことを思い出しました。

色々なライフスタイルや行動があるのだな、というのが実感。オンライン版は1時間と限定しているので良いのですが、それでも私がしゃべりすぎだな、と思うこともあります!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る