今晩もサントリーホールブルーローズのチェンバーミュージックガーデンに行ってきました。小菅優さんプロデュースの公演2度目、少し前に帰ってきました。

その前に会議をやってから行った一昨日とは、私のコンディションが違っていたこともあるかもしれませんが、今回の方が、武満徹の作品が際立った構成になっていたように感じました。私の感度も違ったようで、コロナの前ににゅーよーくなどでコンサートにいくと、音楽を心のどこか深いところで感じるような気がしたのですが、今晩もそんな気がしました。今日はちょっと疲れたので、またにします。