緊急事態宣言で、リアルな会議ができるのでは、と思っていたのに、またオンラインということになると、いささか、あまり効果がなさそうなの緊急事態宣言は何とかして欲しい、という気になったり、コロナとデルタ株、ワクチン接種、期待がほぼ消えて、なぜ日本でやるのか、という素朴な疑問が出てきているオリンピックなど、ニュースにも新鮮味がないと感じている人もいるのではないでしょうか。(時々私も朝、そういう気になるので、日課の運動は欠かせません!運動してシャワーを浴び、コーヒーを入れると、元気が出るので)

ウェビナーやオンラインのスキルプログラムなどはできるのですが、オンラインの会議ではなく、インフォーマルに人と話す機会(FT Fでなくても良いのです)があると良いなあ、と感じることもあります。人と話しているとそこから色々なアイデアが出てきたり、まさにインターアクション!という感じがするからです。オンラインでもこうした機会を終えると、自分の心がエキサイティングになっている、そこからまた色々考えることが出てくるという経験が多いです。

友人でも仕事仲間でも良いのですが、こうした機会を作るように働きかける(誰かが言い出すと参加する人が出てくる、でもなかなか言い出す人がいないことが多いので)と良いと実感しています。キャッチボールをしているような感じなのですが、まずボールを投げることが大事だなあ、と。(そういえばM LBのホームラン競争やEU Cupはいずれもボールが必要だなあ、と。だからあれだけエキサイティングになるのかな、とーかなり飛躍していますが。。ーMLBのオールスターゲームもこれからです!)